創業元禄二年の半兵衛麸のスタッフが「麸・ゆば」の情報を中心に身近な事柄を発信します。
プロフィール

半兵衛麸

Author:半兵衛麸
創業元禄二年(1689年)の京都の麸屋です。
京麸ひとすじに三百有余年。「先義後利」「不易流行」の家訓を守り京都の伝統食材である麸、ゆばを通じて日本の食文化の継承と発信に取り組んでおります。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
こんにちは(^-^)/
本店の浅見と申します。

明日は五山の送り火ですね
今日は京都の夏の終わりの風物詩である
五山の送り火についてお話しします。

五山の送り火は言葉の通り、送り火です。
お盆に帰ってきてくださった
ご先祖様の霊【お精霊さん】を送る火なのです。

迎え鐘を付き迎えたお精霊さんは、
送り火に道を照らされてお帰りになるのです。

私もそうなのですが、
送り火を見に行く時は数珠を持ち、
手を合わせています

また、この五山の送り火を映したお水やお酒を飲むと
無病息災で過ごせると伝わっています。

水の入ったペットボトルを持って
見に行かれるのも良いかもしれません。

五山の送り火の歴史は古く、
正確な由来や起源はわかっていません。

ただし江戸時代に書かれた書物に
送り火のことが載っていますので、
それ以前には京都の文化として根
付いていたのだろうと思われます。

一説によると平安時代から
灯されていたとも言われているのです。

お盆のこの時期京都では、
五山の送り火をモチーフにしたお土産が
たくさん販売されています。

半兵衛麸も『大文字』の掛紙をご用意しております。

五山の送り火を見にいらした際には
ぜひ半兵衛麸へお越しください。』

本店お盆2DSC_3789

お待ちしております
<< 五山の送り火 // HOME // 大丸直営店より >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://hanbey.blog120.fc2.com/tb.php/873-b875f1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //